車両保険の分類

更新日:

車両保険とは、自分の車に何らかの損害が発生した時に、補償して貰う保険である。

車両保険は車種により車両料率クラスが9クラス

一言で「車両保険」と言っても安価な車両もあれば、高価な車両もあり、また車種によって交通事故の頻度や規模も異なるため、車種を9クラスに分類した「車両料率クラス」と言うものがあり、スポーツカーや高級車は軽自動車やセダン車に比べて高い保険料が発生する。

わかりにくい等級制度の仕組み!事故しない人が年々安くなる

自動車保険の等級は、1等級~20等級まであります。 等級が上がっていくごとに保険料の割引率が増えていきますので、その分だけ保険料が安くなっていきます。 新規で自動車保険を契約した場合は、6等級からの契 ...

続きを見る

車両保険の補償範囲は4種類

車両保険の補償範囲も4種類あり、「一般車両保険」「エコノミー+限定A」「エコノミー」「限定A」とわかれる。

「一般車両保険」が一番範囲が広く、「他車との衝突」「盗難・落書き」「自然災害」「自損事故」「当て逃げ」に適用される。
「エコノミー」は「他車との衝突」のみに適用され、「限定A」は「盗難・落書き」「自然災害」に適用される。「エコノミー」は車対車の事故による損害だけ、「限定A」は交通事故以外の災害による損害の時だけ保険金が支払われる保険である。

「エコノミー+限定A」はそれぞれの適用される範囲を足したものであり、「一般車両保険」の「自損事故」と「当て逃げ」は適用されない。車両事故と災害による損害の場合に保険金が支払われる保険である。
範囲が広い「一般車両保険」が当然保険料が高くなり、範囲が限定的な「エコノミー」は保険料が安くなる。

当サイトでは「免責あり」をおすすめする。

 

自動車保険料は一括見積もりしないと損する理由

自動車保険は同じ補償内容でも保険会社によって保険料が異なります。実際に一括見積りを利用すると、保険料が104,930円⇒72,320円32,610円も安くなりました。毎年これだけ損していたなんてゾッとします。

保険の窓口インズウェブなら、最大20社の一括見積もりができます。

5分ほどの入力で終わります。

車を高く売るなら無料一括査定がおすすめ

プリウスを売る時に複数の車買取会社に査定を依頼してみると、一番高い会社はディーラーの下取りより査定額が168,000円も高かったです。

一括見積もりサービスのかんたん車査定ガイドでは、最大で10社の一括査定が可能です。

たった45秒で、高く売れる買取店がわかります。

-自動車保険用語解説

Copyright© 自動車保険の選び方 , 2019 All Rights Reserved.