ロードサービスの仕組みとJAFとの違い

更新日:

ロードサービスといえばJAFだけではない

現在は任意保険を契約するとほぼすべての保険会社でロードサービスの特約が無料でセットされています。ロードサービスの内容は契約する保険会社によって若干の違いはありますが概ねJAFと比較しても遜色の無いサービスを取り揃えています。

主なロードサービスの内容

代表的なものとしてバッテリー上がり時の対応、タイヤパンク時のスペアタイヤへの交換作業、鍵を抜き忘れて閉じ込めした場合の開錠、ガス欠時のガソリン補給、これは10リットル位までは無料対応している所もあります。またトラブル時の車両のレッカー移動対応など24時間365日対応をしてくれます。

JAFロードサービスの出動理由にありますが、自動車トラブルの大半はバッテリーあがりとタイヤのパンク、キー閉じ込みの3つです。

 

その加入についても任意保険に加入する事で自動付帯されるものが殆どなので基本はお金はかかりません。この様に提供されるサービス内容を見てみると殆どがJAFと遜色無く中にはJAFのサービスよりも優れているものもあります。

保険会社とJAFの違い

保険会社提供のロードサービスとJAFの1番の大きな違いはその対象が保険会社は被保険自動車でJAFは会員であるという事です。

保険会社のロードサービスは車、JAFは人にかけるもの。

つまり、JAFであれば保険をかけていない自動車や他人の車でもOKです。

よってJAFにも加入すべきメリットのある人は他人の車を運転する事が多い人、車両保険に未加入又は、車両保険の付けられない車両を使っている人などとなってきます。

また、保険会社のロードサービスは無料であるがゆえに利用回数に上限がある場合がほとんです。例えば、バッテリーあがりは原因次第では、すぐに再発させる(またバッテリーがあがる)可能性があります。この期間が短い場合2度目以降は有料になります。

JAFであれば基本的に何回でも無料という安心があります。

それとJAF会員にはロードサービス以外に日本全国に会員向け優待施設や特典が驚くほど多数あります。その利用や割引だけでも実はすぐに年会費の元は取れてしまいます。安心と便利のためには両方への加入がいいのではと思います。

自動車保険料は一括見積もりしないと損する理由

自動車保険は同じ補償内容でも保険会社によって保険料が異なります。実際に一括見積りを利用すると、保険料が104,930円⇒72,320円32,610円も安くなりました。毎年これだけ損していたなんてゾッとします。

保険の窓口インズウェブなら、最大20社の一括見積もりができます。

5分ほどの入力で終わります。

車を高く売るなら無料一括査定がおすすめ

プリウスを売る時に複数の車買取会社に査定を依頼してみると、一番高い会社はディーラーの下取りより査定額が168,000円も高かったです。

一括見積もりサービスのかんたん車査定ガイドでは、最大で10社の一括査定が可能です。

たった45秒で、高く売れる買取店がわかります。

-自動車保険の選び方

Copyright© 自動車保険の選び方 , 2017 All Rights Reserved.