警察官だけが入れる自動車保険「芙蓉リサーチ」

更新日:

警察官が入る自動車保険「芙蓉リサーチ」

交通課の警察官は取り締まることが仕事ですが、彼らも自動車保険へ加入しています。万が一に備えて警察官を対象とした団体保険へ加入している場合が多く、大手が手掛けたプランへ格安で済むことがメリットです。一般企業に似た制度があり、警察官であってもシンプルな内容に収まっています。

芙蓉リサーチ自体は保険の代理店で実際には大手の保険会社の保険に加入するものです。

<警察官の保険利用率>

警察官が交通事故に巻き込まれるケースもあるため、被害者のときはきちんとした保険が受けられます。保険が適用された率は毎年データに出ており、事件や事故を身近にしていることから年々減少の一途をたどっています。注意すべき立場であることをきちんと理解し、警察官らしい対応を保険の適用時に受けることが大切です。

<交通事故を減らしていくには>

警察官も願う日本全国での交通事故の減少は、ドライバーや歩行者が小さなことに気を配る方法にあります。

自動車保険を請求する主な理由は、万が一という場面が多いことであり、皆で基金を集める意識で収集しています。自動車を買えば必然と自動車保険への加入が課されるので、常に注意を払っていくことが重要です。警察官の保険が庶民に似たものであることを知っておけば、対応がスムーズに進みます。

障害者の自動車保険は保険料が割高になる?障害者割引と福祉車両割引

障害者の自動車保険には、障害者の方を乗せる福祉車両を対象にしたタイプと、障害者の方が自分で運転するタイプなどがあります。自動車保険の割引率などは、保険会社によって様々になります。   自動車 ...

続きを見る

自動車保険料は一括見積もりしないと損する理由

自動車保険は同じ補償内容でも保険会社によって保険料が異なります。実際に一括見積りを利用すると、保険料が104,930円⇒72,320円32,610円も安くなりました。毎年これだけ損していたなんてゾッとします。

保険の窓口インズウェブなら、最大20社の一括見積もりができます。

5分ほどの入力で終わります。

車を高く売るなら無料一括査定がおすすめ

プリウスを売る時に複数の車買取会社に査定を依頼してみると、一番高い会社はディーラーの下取りより査定額が168,000円も高かったです。

一括見積もりサービスのかんたん車査定ガイドでは、最大で10社の一括査定が可能です。

たった45秒で、高く売れる買取店がわかります。

-加入者事情の選び方

Copyright© 自動車保険の選び方 , 2019 All Rights Reserved.