利用率が低い弁護士費用補償特約をつけるべき理由

更新日:

弁護士費用補償特約とは、交通事故等が原因で弁護士が必要な場合、特約で定められた限度額(多くの特約では、250~350万円程度に設定されていることが多い)までの弁護士費用について保険会社が負担をするという内容の保険特約です。

弁護士費用補償特約の加入率と使用率

この弁護士費用補償特約、付帯保険加入率は過半数にもかかわらず、利用可能な場合が分かりにくい、自分で保険会社と示談等をしてしまうなどが原因で、実際の使用率は1%程度です

弁護士の支援を受けたからといって、必ず訴訟などで問題が長引くというものではありません。むしろ、間に弁護士をたてることでよりスムーズに問題の処理が可能になることも多いです。

また、交通事故等に詳しい法律専門家の支援を保険会社負担で気軽に聞くことができるのですから、特約を付けることをお勧めしますし、もしも特約を付けているのであれば積極的に利用を考えるべきです。

弁護士費用補償特約を使うべき理由

意外と知られていない重要なポイントが2つあります。

1.自身の事故の責任割合とは無関係に使用できる。

2.特約を使っても翌年の保険料には影響しない

 

保険加入者(運転者自身)に自己責任がない場合保険会社は動いてくれません。保険を支払う必要性がないからです。そういう場合弁護士に解決を依頼する方がスムーズですし優位にことをすすめられます。

また、事故の責任と無関係であるため翌年の等級や事故有係数には影響しません。つまり、使ってデメリットは1つもないのです。

車両保険種類と免責の設定による保険料の違い

保険会社によって呼び方の違いはありますが、車両保険の種類は主に、一般とエコノミーに分類されます。 車両保険の種類 まずは一般の内容ですが、自損事故や当て逃げはもちろん車両同士の事故、台風、水害、竜巻、 ...

続きを見る

事故したら必ず弁護士を立てるつもりでいよう

利用をしようと思い立ったならば、できるだけ交通事故等の原因が発生して間もない段階から弁護士の支援を仰ぐようにするべきです。

特約がついている以上、最初から弁護士を頼もうが最後で弁護士を頼もうが料金は変わりませんし、示談交渉等が煮詰まった段階で弁護士を呼んでも、既に相手の有利に示談内容が定められてしまった場合などは弁護士側もどうすることもできなくなる場合があります。

是非、早い段階で弁護士の助言を受け、それに沿った形で示談交渉等の問題処理を図っていくべきです。

 

自動車保険料は一括見積もりしないと損する理由

自動車保険は同じ補償内容でも保険会社によって保険料が異なります。実際に一括見積りを利用すると、保険料が104,930円⇒72,320円32,610円も安くなりました。毎年これだけ損していたなんてゾッとします。

保険の窓口インズウェブなら、最大20社の一括見積もりができます。

5分ほどの入力で終わります。

車を高く売るなら無料一括査定がおすすめ

プリウスを売る時に複数の車買取会社に査定を依頼してみると、一番高い会社はディーラーの下取りより査定額が168,000円も高かったです。

一括見積もりサービスのかんたん車査定ガイドでは、最大で10社の一括査定が可能です。

たった45秒で、高く売れる買取店がわかります。

-自動車保険用語解説

Copyright© 自動車保険の選び方 , 2019 All Rights Reserved.