軽トラックの維持費の自動車保険料の割合(軽貨物・4ナンバー)

更新日:

ご自宅で農業などの仕事をされている方で、軽トラックの購入を考えている方もいると思います。
軽トラックには「軽」という文字がつくので、一般的な軽自動車と変わらないと考えている方も多いのではないでしょうか?

高額な1ナンバーの自動車保険を安くする方法

【1ナンバー車の保険料は高い】 1ナンバー車は普通貨物自動車やトラック等として登録が行われる事が多い為、1台の車をたくさんの人が使用するケースが多い為、一般的な乗用車等の様な家族割引や年齢制限等の特約 ...

続きを見る

軽トラの自動車保険の特徴

軽貨物の自動車保険の特徴

しかし、軽トラックは「軽四輪貨物車」といって、荷物を乗せる貨物車の扱いとなるので、乗用車とは自動車保険の契約内容が異なります。

軽トラは農業従事者の利用が多いため農協からすすめられたJA共済にそのまま加入するケースが多いです。

では、どのような点が違うのかをいくつかご紹介したいと思います。

軽トラックの年齢条件

まずは、年齢条件です。
乗用車の自動車保険では、車に乗る人の年齢に合わせて年齢条件を付けることが可能です。
しかし、軽トラックには年齢条件が無いことが多いです。

そのため、30歳以上の方の場合には保険料が割高になる可能性があります。
一方、20代前半の方は普通乗用車に比べて保険料が安くなります。
最近では、軽トラックでも年齢条件がつけられる自動車保険も増えてきています。

軽トラの保険料

次に、保険料です。
先ほどもご紹介したとおり、軽トラックには年齢条件が無いことが多いです。
その代わりに、乗用車よりも保険料が安く設定されています。

 

4ナンバーのナンバープレートの色

最後に、ナンバープレートの色です。軽自動車のナンバープレートの色は、通常黄色ですが、業務で使用する為に登録をした軽トラックのナンバープレートは黒色となります。いわゆる4ナンバーです。

自動車保険に関しても業務用となるので、今まで使用していた軽トラックを業務用として登録をした場合には、自動車保険の契約も変更が必要です。

また、その際に等級を引き継ぐことは出来ないので注意が必要です。

 

軽トラの維持費の種類と金額

仕事などで軽トラックを使用する事が多いですが、実際に購入して所有すると維持費がかかってしまいます。

それで経済的に負担になってしまうと考える人もいますが、実際にどのぐらいの維持費がかかるのか気になりますね。

1年間の軽トラックの維持費を解説します。

新車の時は10万円以下

軽トラックを新車で購入した時は故障している部分がないので修理費用は一切かかりません。

それで自動車税、重量税、駐車場代などがかかるぐらいなので1年間で10万円以下になります。

比較的安い維持費なので新車の時は負担がかかる事はありません。

最初の車検を受けた後は20万円ぐらい

軽トラックを新車で購入して数年後に最初の車検を受ける事になります。

最初の車検でも10万円ぐらいかかってしまう事が多いです。

また自動車税、重量税、駐車場代などもかかるので最初の車検を受けた後は維持費が1年間で20万円ぐらいになってしまいます。

年数が10年を経過したら50万円ぐらい

軽トラックを新車で購入してから10年が経過すると故障個所も増えてくるので修理代がかかってしまいます。

また車検の費用も高くなるので自動車税、重量税、駐車場代なども含めると維持費が1年間で50万円ぐらいになってしまいます。

 

人気の軽トラ

スクラム、サンバー、ハイゼットの特徴

(スクラム:ホイルベースを短く、設計している)

スクラムは、1905ミリと非常に小さく設計されていることが大きな特徴です。現在は自社供給は行っておらず、全てスズキからのOEM供給となっております。ホイルベースを短く設計していることで、回転半径が小さいことから、あぜ道なども地面と車を接触させないので、快適にスムーズに運転することができます。価格は110万~150万が相場となっています。

(サンバー:燃料効率が良く、快適に設計されている)

サンバーは、ライバルであるスズキやホンダと大きく差を取り、19.6キロミリ/Lを記録しています。2012年より、ダイハツのOEM供給となっております。車内を1340ミリという幅で作り、フロントガラスを斜めに前方へスライドさせたことから、大き目でゆったりとした居心地のいい空間が実現されています。価格は62万~85万が相場となっています。

(ハイゼット:モデルを2個に統一せず、販売されている軽自動車の中で一番長い歴史を持ち、独自性がある)

ハイゼットはダイハツ、ホンダ、スズキ、3メーカーからのOEM供給となっております。ホイルベースをロングホイルベース化したことで、車輪位置が座席の真下にあるので、無理のないポジションで安全に走行することができます。価格は、25万~83.9万円が相場となっています。

 

自動車保険料は一括見積もりしないと損する理由

自動車保険は同じ補償内容でも保険会社によって保険料が異なります。実際に一括見積りを利用すると、保険料が104,930円⇒72,320円32,610円も安くなりました。毎年これだけ損していたなんてゾッとします。

保険の窓口インズウェブなら、最大20社の一括見積もりができます。

5分ほどの入力で終わります。

車を高く売るなら無料一括査定がおすすめ

プリウスを売る時に複数の車買取会社に査定を依頼してみると、一番高い会社はディーラーの下取りより査定額が168,000円も高かったです。

一括見積もりサービスのかんたん車査定ガイドでは、最大で10社の一括査定が可能です。

たった45秒で、高く売れる買取店がわかります。

-車による保険の選び方

Copyright© 自動車保険の選び方 , 2019 All Rights Reserved.