人身傷害補償保険は示談交渉と無関係に治療費金額がすぐに支払われる

更新日:

人身傷害補償保険とは、自動車事故等で損害が発生した際、契約で取り決めた補償額の範囲内であれば、「全額」補償してもらえる保険のことである。例えば、自動車事故を起こしてしまい、治療費等で1000万円の損害が自身に発生したとする。相手の過失が7割だとすると、700万円は相手から支払われるが、差額の300万円は、自分で払わなければならない。

そのような際、人身傷害補償保険に加入していれば、差額の300万円も補償してもらえる。自動車事故では、相手に10割の過失が適用されることはあまり多くないので、差額の支払いに不安を覚える人は、人身傷害補償保険に加入しておくと安心である。

また、相手が経済的な理由の為、保険に未加入であった場合、満足のいく補償額を受け取れない可能性もある。このような場合も、人身傷害補償保険に入っていれば、実費分を全額補償して貰える。治療が長引いて、予想以上に費用がかかった場合も補償して貰えるので、至れり尽くせりの保険である。

上記に加え、人身傷害補償保険に加入しておけば、示談交渉が成立する前に保険会社から補償金を得ることができる。相手からいつ補償額を受け取れるか気にする必要がないので、精神的な面も補償してくれる保険であると言えよう。

事故付随費用補償特約

事故付随費用補償特約とは 運転中に事故や故障等で自動車が走行不能となった場合に、それに関わる費用を補償するものです。この事故付随費用補償特約で補償される費用には次のような内容があります。 ・宿泊費用 ...

続きを見る

 

自動車保険料は一括見積もりしないと損する理由

自動車保険は同じ補償内容でも保険会社によって保険料が異なります。実際に一括見積りを利用すると、保険料が104,930円⇒72,320円32,610円も安くなりました。毎年これだけ損していたなんてゾッとします。

保険の窓口インズウェブなら、最大20社の一括見積もりができます。

5分ほどの入力で終わります。

車を高く売るなら無料一括査定がおすすめ

プリウスを売る時に複数の車買取会社に査定を依頼してみると、一番高い会社はディーラーの下取りより査定額が168,000円も高かったです。

一括見積もりサービスのかんたん車査定ガイドでは、最大で10社の一括査定が可能です。

たった45秒で、高く売れる買取店がわかります。

-自動車保険用語解説

Copyright© 自動車保険の選び方 , 2019 All Rights Reserved.