配達に使用する車の自動車保険は業務利用

更新日:

配達に使用する車の自動車保険は、業務用とする場合には保険料が高くなります。中には、個人で配達をする場合、一般の契約で自動車保険に加入しているケースがありますが、確定申告などの時に不利になるという点があります。

あまり乗らない人の自動車保険3つの節約法!走行距離が少ない

走行距離が少ない人におすすめな自動車保険 自動車保険の保険料は年齢や車の年数によって変わる事が多いですが、走行距離も影響してきます。車の走行距離が年間で少ない人は保険料を安く抑える事も可能です。そこで ...

続きを見る

業務利用車としての定義は、業務利用が年間を通して週5日以上、または15日以上仕事に使用する場合となっています。その為、個人で配達をしている人には、定義以下に該当して一般の契約をしているケースも出てきます。

自動車保険加入時に使用目的として、業務使用や通勤・通学使用、日常・レジャー使用などの区分に分かれ、保険会社によっては通勤・通学使用と日常・レジャー使用が一緒に区分されている場合があります。

また、自動車保険は保険会社によって様々な条件が変わります。その条件の中に、使用目的が含まれることがあり、選ぶ保険会社によって保険料金の差が出るポイント部分でもあります。その条件には、使用目的以外に運転者の限定や限定無し、年齢条件、免許証がゴールドか、年間走行距離、個人か法人の契約の種類などがあります。

配達で車を使用する場合には、様々な条件を確認した上で正直な申告が大切です。中々わかりにくい部分でもあるので、保険会社に見積もりを出してもらいながら、相談や質問するのが良い方法です。

自動車保険料は一括見積もりしないと損する理由

自動車保険は同じ補償内容でも保険会社によって保険料が異なります。実際に一括見積りを利用すると、保険料が104,930円⇒72,320円32,610円も安くなりました。毎年これだけ損していたなんてゾッとします。

保険の窓口インズウェブなら、最大20社の一括見積もりができます。

5分ほどの入力で終わります。

車を高く売るなら無料一括査定がおすすめ

プリウスを売る時に複数の車買取会社に査定を依頼してみると、一番高い会社はディーラーの下取りより査定額が168,000円も高かったです。

一括見積もりサービスのかんたん車査定ガイドでは、最大で10社の一括査定が可能です。

たった45秒で、高く売れる買取店がわかります。

-加入者事情の選び方

Copyright© 自動車保険の選び方 , 2019 All Rights Reserved.