キャンピングカーの自動車保険は特殊?普通車との違い

更新日:

普通乗用車も、キャンピングカーも同じ自家用8種に指定されています。しかし、キャンピングカーの自動車保険は、普通乗用車とは一部違いがありますので注意が必要です。

注意点を説明していきたいと思います。

高額な1ナンバーの自動車保険を安くする方法

【1ナンバー車の保険料は高い】 1ナンバー車は普通貨物自動車やトラック等として登録が行われる事が多い為、1台の車をたくさんの人が使用するケースが多い為、一般的な乗用車等の様な家族割引や年齢制限等の特約 ...

続きを見る

キャンピングカーの保険料の相場はいくら

キャンピングカーの車両保険は室内のガス設備や電化製品、排水管なども事故などにより破損した場合も保険適用になるため、保険料が普通自動車と比べると高くなります。

年齢によって保険料は安くなるのか?

自動車保険は契約する人の年齢によって保険料は変わってきますが、キャンピングカーは年齢条件が設定できません。

なので、18歳から29歳位のなどの若い年齢の人ならありがたいメリットですが、30歳以上の方たちにとってはメリットがありません。

まとめ

家族で旅行をしたり、定年後にキャンピングカーを購入して、日本全国旅をしたいという方もたくさんいるかと思います。

キャンピングカーはとても便利で旅行などを快適に豊かにしてくれると思いますが、普通車と同じ保険料ではないので購入の際は注意した方がいいです。

自動車保険料は一括見積もりしないと損する理由

自動車保険は同じ補償内容でも保険会社によって保険料が異なります。実際に一括見積りを利用すると、保険料が104,930円⇒72,320円32,610円も安くなりました。毎年これだけ損していたなんてゾッとします。

保険の窓口インズウェブなら、最大20社の一括見積もりができます。

5分ほどの入力で終わります。

車を高く売るなら無料一括査定がおすすめ

プリウスを売る時に複数の車買取会社に査定を依頼してみると、一番高い会社はディーラーの下取りより査定額が168,000円も高かったです。

一括見積もりサービスのかんたん車査定ガイドでは、最大で10社の一括査定が可能です。

たった45秒で、高く売れる買取店がわかります。

-車による保険の選び方

Copyright© 自動車保険の選び方 , 2019 All Rights Reserved.