当て逃げされた!自動車保険はおりる?おりない?

更新日:

運転中に当て逃げの被害にあってしまうと車を修理に出さなければいけなくなる事もあります。車を修理に出すと多額の費用がかかってしまう事があるので自動車保険を使いたいところです。しかし当て逃げの被害にあった時に適用される保険とされない保険があるのでしっかり把握しておく事が大切になってきます。

当て逃げされた場合のエコノミー型の車両保険は補償されない

当て逃げの被害にあってしまい車の修理に出す時に利用する保険は車両保険になります。車両保険の種類は一般型とエコノミー型がありますが、当て逃げの被害にあってしまい車の修理に出す時に適用されるのは一般型の車両保険のみになってしまいます。エコノミー型の車両保険に加入している場合は補償内容が限定されてしまうので当て逃げの被害にあってしまい車を修理に出す時は適用されないので修理費用は自己負担になってしまいます。

エコノミー型車両保険のデメリット

エコノミー型の車両保険は一般型の車両保険に比べて保険料が安いので経済的にはメリットになります。しかし当て逃げの被害にあって車を修理に出さなければいけなくなる時に自己負担になるリスクもあるので総合的に考えるとデメリットになってしまいます。車両保険に加入する時は当て逃げの被害を受けるリスクも考えて一般型の車両保険に加入しておいた方がいいです。

まさかの免許取り消し!自動車保険はどうなるのか

繰り返し違反してしまった。免停中に運転してしまった。交通事故を起こしてしまった。残念ですが、このような理由で運転免許の取消処分になってしまってとてもつらいですね。 取り消された免許は欠格期間がすぎるま ...

続きを見る

自動車保険料は一括見積もりしないと損する理由

自動車保険は同じ補償内容でも保険会社によって保険料が異なります。実際に一括見積りを利用すると、保険料が104,930円⇒72,320円32,610円も安くなりました。毎年これだけ損していたなんてゾッとします。

保険の窓口インズウェブなら、最大20社の一括見積もりができます。

5分ほどの入力で終わります。

車を高く売るなら無料一括査定がおすすめ

プリウスを売る時に複数の車買取会社に査定を依頼してみると、一番高い会社はディーラーの下取りより査定額が168,000円も高かったです。

一括見積もりサービスのかんたん車査定ガイドでは、最大で10社の一括査定が可能です。

たった45秒で、高く売れる買取店がわかります。

-自動車保険コラム

Copyright© 自動車保険の選び方 , 2019 All Rights Reserved.