自動車保険に加入できない職業

更新日:

自動車保険に加入できないという職業は、基本的にはなく、加入はできても制限や条件が付くというケースはあります。しかし、自動車保険契約時に年金生活などを除き、職業欄に無職と記入した場合には、保険料金支払いが可能かの問題になるので、加入できないケースがあります。

職業によって加入が左右される場合、自営で運送業をやっていて営業用車両に、一般の保険をかけようとする場合、保険会社から指摘を受け加入を断られ営業用の保険にするように指摘されます。

生命保険の場合は、職業によって加入できても様々な条件が付く場合がありますが、自動車保険の場合営業車両は除き、等級によって加入できないことの方が考えられます。
保険の等級は、1から20まであり等級が大きいほど、保険料の割引率が高くなります。

事故を起こし自動車保険を適用した場合には、この等級が下がり保険料の割引率が下がってしまいます。それだけに、事故を起こし保険を使うと今までより保険料が上がるということになります。また、初めて自動車保険に加入する時は、6等級からのスタートとなるのが原則です。

何度も事故を起こし保険を適用する度に、等級を落とし1等級や2等級になった場合には、自動車保険の加入を断られてしまいます。

自動車保険料は一括見積もりしないと損する理由

自動車保険は同じ補償内容でも保険会社によって保険料が異なります。実際に一括見積りを利用すると、保険料が104,930円⇒72,320円32,610円も安くなりました。毎年これだけ損していたなんてゾッとします。

保険の窓口インズウェブなら、最大20社の一括見積もりができます。

5分ほどの入力で終わります。

 

車を高く売るなら無料一括査定がおすすめ

プリウスを売る時に複数の車買取会社に査定を依頼してみると、一番高い会社はディーラーの下取りより査定額が168,000円も高かったです。

一括見積もりサービスのかんたん車査定ガイドでは、最大で10社の一括査定が可能です。

たった1分で、高く売れる買取店がわかります。

-加入者の属性

Copyright© 自動車保険の選び方 , 2017 AllRights Reserved.