離婚すると自動車保険はどうなるのか

更新日:

離婚が決まると、保険や書類などの様々な手続きが必要ですが、その中でも忘れずに確認しておきたいのが自動車保険についてです。

なぜなら、離婚前に自動車保険の名義変更を行うのを忘れていて、無保険で運転していたなどのトラブルが良くあるからです。そのようなトラブルを防ぐためにも、離婚の前に確認しておきたい自動車保険の注意点について、ケースごとにご紹介したいと思います。

離婚の前後で車の所有者と保険の名義人が自分のまま

まず、ご自身の車と自動車保険を離婚後も使用する場合です。
この場合には、離婚前に行うことは特にありません。
離婚後に名前や住所などの変更を届け出ます。

(元)配偶者名義の自動車保険を使用する

次に、車と自動車保険を譲り受ける場合です。
この場合には、離婚をする前に名義人を変更しておくことが必要です。
なぜなら。離婚後だと名義の変更が出来なくなる場合があるからです。
また、家族限定などの条件付きの場合には、名義を変更しておかないと万が一の事故の際に保証の対象外となります。
自動車保険の等級も、同居の場合のみ引き継ぎが可能になります。

自分名義の自動車保険の車を配偶者に譲る場合

最後に、車と自動車保険を相手側に譲る場合です。
離婚後に車に乗らないのであれば、名義人の変更を行います。
もし、車を譲った後にご自身の車を新しく購入するのであれば、自動車保険は譲らないということも可能です。
そうすれば、新しく購入した車に今の自動車保険の等級を引き継ぐことが出来ます。

自動車保険料は一括見積もりしないと損する理由

自動車保険は同じ補償内容でも保険会社によって保険料が異なります。実際に一括見積りを利用すると、保険料が104,930円⇒72,320円32,610円も安くなりました。毎年これだけ損していたなんてゾッとします。

保険の窓口インズウェブなら、最大20社の一括見積もりができます。

5分ほどの入力で終わります。

 

車を高く売るなら無料一括査定がおすすめ

プリウスを売る時に複数の車買取会社に査定を依頼してみると、一番高い会社はディーラーの下取りより査定額が168,000円も高かったです。

一括見積もりサービスのかんたん車査定ガイドでは、最大で10社の一括査定が可能です。

たった1分で、高く売れる買取店がわかります。

-自動車保険の疑問

Copyright© 自動車保険の選び方 , 2017 AllRights Reserved.